編集者時代7

そうこうしているうちにアシスタントを始めて一年半年ぐらいが過ぎていました。
最初のアシスタント期間としては二年間やってあとは自分で独立してやりな!
という話でデッツさんと話していました。
ということで卒業が近づいてきました、
その前に次のアシスタントを見つけてきてくれとの命令。

これが以外に難しい、
都内の実家住まいで運転免許を持っているやつ。
この都内の実家に住んでいるやつ、
っていうのがかなり難しい。

そんな時に現れたのがバンタン時代に学生だった友達に紹介されたK君。
彼もバンタンの学生で、原宿の洋服だったり世界観が好きだという。
そしてデッツさんに紹介、晴れてアシスタント二号が見つかったのです。

そういえば、ちょうど僕がアシスタント期間が終わる頃だったと思うのだが
原宿にレディーメイドというお店がオープンした。
いわゆる裏原のブランドを一堂に会したお店である。
そのオープニング前日にデッツさんに言われてお店の商品の搬入などを手伝ったのを思い出した。
一階がギャラリーになっていて、
バイクだったりアート作品などが飾られていた。
そして地下に洋服が置いてある感じです。
あのお店の内装は本当にカッコよかった。
今のヘッドポーターの場所にあったのだが、最高のお店だったと思う。
しかも一週間のうちの四日しか営業していなかった気がする。
一階はギャラリーだし、ある意味、斬新なやり方です。